2020年10月14日

Sat-DXCCが2UP!

10月3日(土)
石川県金沢市(JCC#3001、PM86jm)
RS-44・03時台
CW:JW7XK、JH1EMH
最近のこの時間帯のRS-44が、遠地点に達するという好条件であること、加えてJWペディがあることから、ヨーロッパに対して有利な場所での移動運用を敢行。前日20時過ぎに自宅を出て向かった先は、石川県と富山県の県境にある三千坊展望台

真夜中にアンテナを上げ、3時前には準備完了。サテライト通信の情報交換チャットを覗くと、JW7XK局がCWに出ている旨のレポートがヨーロッパから上がっている。早速CWへ出られるようにし、JW7XK局の出てきそうな周波数にてスタンバイ。すると、AOSと同時にゆっくりとしたJW7XK局のCWが聞こえた! 早速呼ぶと「/9?」の応答。更にコールサインを2度打って無事QSO! いや〜、ヨカッタヨカッタ!

RS-44・05時台
SSB:JH1EMH、JH4MPR、JR0UIU/1、JG2TSL、JR0BUL、7L1ETP、JK3HFN、JM1CAX、JN1VXL、JA0CAW、JH4MGU、JH1UVJ/4、JH0RNN、JE2RBK
海外局から呼ばれないかとSSBで延々とRun。最後はVKの北半分までフットプリントに入るパスだったが、JAとのQSOに終始。まあ呼ばれると嬉しい人なので、これはこれで全然オッケーですhi

AO-27・05時台
FM:JA0CAW、JE1CVL、JH0BBE、JR6RMK
早朝のFM衛星でしたが4QSO。各局からJWとのQSOを祝ってもらえました。ありがとう!

XW-2F・05時台
CW:JM1CAX、JM1SBU、JA6UMJ、JH1JBP、JH4MGU、JA2NNF、JH4MPR、JA1PHE、7L1ETP、JK3HFN、JH8CLC/7、JN1VXL、JR6RMK、JO1LDY/1、JA1OJA
CWでもパイルを浴びたくて終始Run。楽しいひとときでした

P_20201010_063228_HDR_R.jpg
こんな感じでアンテナを設営

P_20201010_063337_HDR_R.jpg
真西を望む(足下は金沢の街並み)
マイナス仰角まで狙える絶好のロケーション

RS-44・07時台
SSB:SA2KNG、JA0CAW、JS6DRQ、JA1VVH、JH8FIH、JR6QFV/9、E21EJC
CW:JH0RNN、E21EJC
このパスではSA2KNGダニエルさんとSKEDを組む。AOSと同時にほぼ指定の周波数でSA2KNG局のCQが入感! CQを出している真上から呼ぶと、ダニエルさんは送信を即座に止めて聞いてくれた。程なくしてQSOが成立。この後、JA0CAW局とJH0RNN局がQSOしたところで先方がLOSしました

帰宅後、ログをLoTWに上げると、JW7XK局・SA2KNG局ともにマッチ。ありがたや〜
お相手いただいた方々、ありがとうございました!

−…−

10月4日(日)
福井県丹生郡越前町(JCG#29009、PM75xx)
RS-44・07時台
SSB:No QSO...
サテライト通信の情報交換チャットでの当方の様子を見ていたA65GCジュアンさんからSKEDの依頼があったので、急遽連日の出撃。AOS直前に準備が済み、こちらが指定周波数で呼び出すも……。関係のない局に呼ばれまくってしまい撃沈。しかもジュアンさんからは59で聞こえていたと言われ大ショック……。

★ローライト★
・少しでも中東に近くてロケーションの良いところを、と選択した今回の運用地、意外と遠かった。三千坊展望台でも良かったかも?
・SatPC32では(不勉強ゆえ?)先方のAOSが分からず、延々と自局のコールサインをアナウンスしてしまった。これが関係のない局に呼ばれまくる原因だった
・アンテナがいつもよりも低かったからか、妙にノイズが多く受信に苦労した
・435MHzアンテナの給電部が接触不良からSWRが高めだった

★改善すべき点★
・共通ウィンドウがひと目で分かるCalsat32を併用。衛星が共通ウィンドウに入ったら、先方のコールサインを指定した呼び出しに切り替える
・ノイズが多かったのは、クルマのエンジンに近かったためと推察。次回からは運用時のみエンジンをOFFにする
・435MHzアンテナの給電部の接触不良は、製品固有の問題でもあるため、おかしいと思ったらハンダごてで応急処置を施す

IMG-20201011-WA0005_R.jpg
中東方面は足下が日本海、という絶好のロケーション
標高は約180m

まだまだ修行が足りないと痛感したひとときでした
次こそは!!

PS.連日の移動運用で疲れたのでコンテストには全く出ませんでした。。。hihi
posted by きこり@JH最大の難所 at 19:06 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

Sat-DXCCでNew!

6月26日(金)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
RS-44・16時台
SSB:JN1SCA、JA1VVH、JH7JHX、JA1FMU、JG2NLN/2、JA2IDR、BX2ABTVK8JM
仕事が早く終わったのでSSBでRun。SatPC32の地図を見ながら「呼ばれないかな〜」と思っていたら、来ましたよ〜! 山LOSする寸前でしたが、何とかレポートも交換。いやはや、まさか自宅からVKとQSOできる日が来るとは……(感動)。

これで常駐局がいてQSOできそうな未WKDのエンティティ(アジア・オセアニア方面)は、4SとP2ってところ。後者は5月にSKEDを組みましたが、先方の受信機が故障したためNG。8月下旬に再び絶好のパスがあるので、その時に再チャレンジできれば……。受信機、直ってるといいなhi。
posted by きこり@JH最大の難所 at 22:59 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

新衛星・CAS-6でQSO

6月21日(日)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
CAS-6・10時台
SSB:JE1CVL
前日の夜遅くにCAS-6の中継器がONという情報がTwitterで流れてきたので、さっそくTLEを反映させてチェックすると、日曜朝10時台が良さそうな雰囲気。ただ欧米から続々と流れてくるQSO成功の情報には、異口同音に中継器が短い周期でON/OFFを繰り返しているとある。こりゃあXW-2Dと一緒か?!

さて10時台のパス。CWではOFFSET:-300で良好なループを確認。しかし情報通り、中継器が断続的にON/OFF。44WPMにまで打電速度を上げるも追っつかない。そのうちSSBでモゴモゴ言うのが聞こえたので、こちらもSSBに切り替えてループテスト(OFFSET:+1500)。するとJE1CVL局からレポートが送られてきたので、こちらもレポートを送って何とかQSO成立……でした。たぶんJA初のQSOだと思います。Tnx JE1CVL

−…−

【CAS-6の諸元】
• CW Telemetry Beacon: 145.910 MHz
• AX.25 4.8kbps GMSK Telemetry: 145.890 MHz
• U/V Linear Transponder Downlink: 145.925 MHz, 20 kHz bandwidth, Inverted
• U/V Linear Transponder Uplink: 435.280 MHz
※TLEは上のリンク先からコピペしてください

【おまけ】SatPC32へ手動でTLEを追記するには
1)メニューバーの「Satellite」をクリック
2)ウィンドウ下部に表示されるTLEの格納先を確認
3)エクスプローラーでTLEの格納先にあるファイルを開く(当方はnasa.all)
4)開いたファイルの本文へTLEをコピー&ペースト
《注》TLEの衛星名は、Doppler.SQFに記述している衛星名と一致させること

−…−

CAS-6・12時台
SSB:No QSO...
中継器は、正確に測定していませんが、体感的に4〜5秒ON・5〜6秒OFFを繰り返しているような気がします。ただ規則的にON/OFFしているので、慣れると割と正確にCQが出せます。もっともCWではダメで(出来なくはないけどかなりハードル高し)、SSBでの運用が良いでしょう(もっともフォネティックコードを使うと中継器ONの間にコールサインをアナウンスし終えるのは結構大変)。それとRigコントロールさせながらの受信固定での運用がオススメ。なおダウンリンク自体は信号が強くてVYFBです。

とまあ、中継器ONの時間帯をひとつのシーケンスと捉え、FT8のようにQSOすると案外スムーズかも???


CAS-6・21時台
SSB:JH7JHX、JE1CVL(HRD:JK1AFI)
受信固定で上手く行きました。JK1AFI局は何度か返しましたがQSOに至らず。残念無念。あとCWでループを取っている方もいましたが、SSBでコールサインをアナウンスしてのループテストをすべきと思います。

JE1CVL久下さんのブログ記事に、ON:2秒・OFF:5秒の繰り返し…とありましたので、オペレートしながら横目で時計を見ていましたが、確かにそんな感じ。とにかく早口で、でも明瞭な発音でのオペレートが求められます。


CAS-6・23時台
SSB:No QSO...
CQを出し続けましたが、CWでのループテスト以外聞こえず。また明日!
posted by きこり@JH最大の難所 at 14:24 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

今年は趣向を変えて

今年はいつもの場所へ行けないし、雨予報だったので、規模を縮小して参加しました

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 00:00 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

本日のトピックス・2題

6月1日(月)
AO-92(U/V)・21時台
FM:ND9M/MM、JR2NPC
数日前にND9MジムさんにSKEDを申し込んだところ、この日のこのパスを指定。そこで満を持して待機していると……。グアムからの声が聞こえたので呼び、無事QSO! そろそろアメリカ本土へ帰るとのことなので、その前にQSOできて良かったです。なお6月2日・21時台のパスにも出てくるとのことなので、ぜひみなさんコールしてみてください。

QSO with ND9M/MM on AO-92

CAS-4A・22時台
FT4:JG2TSL
直近のAMSAT News Service Weekly Bulletinsにて、リニア衛星にてFT8・FT4による実証実験をやったとある。これを見て「面白そう!」と試していると、JG2TSL片桐さんが話に乗ってくださって……。LOS近くのドップラーシフトが緩やかなタイミングで無事QSOできました。いや〜、なかなかデコードしないので正直焦りました。でもQSOできて良かった〜。

200601_CAS4A_JG2TSL.jpg
QSO後に撮ったスクリーンショット
デシベル付きで呼んでくださったところ、さすがはTSLさん!

今回の運用を通じて得た知見は、以下のとおり。
■1シーケンスにかかる時間がFT8よりも短いFT4の方がQSOしやすい
 なおかつ呼ぶ時は、デシベルレポート付きで呼ぶとQSO時間の圧縮に繋がるので良い
■送信周波数・受信周波数を取り決めた上で、衛星固定で運用すると良い
 今回は435.225/145.865で試行
 しかし衛星固定での運用なら受信周波数帯域の下端+1kHzでいいんじゃないかな
■衛星固定で運用するので、周波数制御ツールによるRigコントロールは必須かも
 AOS直後やLOS間際なら手動での周波数制御でもQSOできなくはなさそうだけどhi
■送信出力は、送信アンテナにもよるけど絞れるだけ絞った方が良いような感触
 当方は18エレシングルで送信、IC-910Dのメーター読みでドット1つ分なので10Wも出ていない?!
■AOS後やLOS前のドップラーシフトが比較的緩やかな時間帯だとデコードしやすい

当方の運用環境は、以下のとおり。
■無線機:IC-910D
■アンテナ(1):145MHz-8エレ・435MHz-18エレ(ともにコメット社製)、AZローテータのみ(低仰角用)
■アンテナ(2):QFH-243(ナガラ電子社製・高仰角用)
Calsat32IC910SATで周波数を自動制御(IC910SATで送受周波数を制御)
■N1MM+にWSJT-Xを連携させて運用(N1MM+でのRigコントロールはOFF)
■パソコンにThinkPad・X60を使用(サウンドカードはオンボード)

お相手いただいたJG2TSL片桐さんとアドバイスをいただいたJI5RPT小柳さんには、この場をお借りしてお礼申し上げます。
posted by きこり@JH最大の難所 at 22:59 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

帰ってきたAO-27!

5月29日(金)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
AO-27・07時台
FM:JA0CAW
少し前に手動で中継器をONにしての限定運用を行っている、との情報を入手。聞けば、W本土上でのみ中継器をONにしているとのこと。その後、新しいOSをインストールすべくコントロールチームが奮闘しているとの報せ。期待して待っていると、ついに復活した旨のツイートが。そこで出勤前に覗いてみると、ちょうど中継器がONになると同時にJA0CAW局のCQが聞こえたのでコール。2012年1月3日以来となるAO-27経由でのQSOとなりました。

AO-27・17時台
FM:JE1FQV、JA4GVA
他にも数局出ていたようですが、コールサインが部分的にしか分からず。また仰角がちょっと苦手な高さだったのもあったかな。

スケジュールに沿った運用(中継器のON/OFF)である点は、従前通りのようです。しかしかつては午後の北上パスの時しかJA上空で中継器ONにならなかったのが、今回は朝の南下パスでもONになります。この週末、ぜひ復活したAO-27でQSOしましょう!

■アップリンク:145.850MHz-FM(トーン不要)
■ダウンリンク:436.800MHz-FM
posted by きこり@JH最大の難所 at 18:02 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

この日も出掛けて1UP!

5月25日(月)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rk)
RS-44・20時台
CW:JH4UCM、JG1BOK、BA4VE
あまり遠くへ行くと翌日に響くので、自宅から20分ちょっとで行ける場所にて店開き。試しにCWでRunし、各種動作を確認。

AO-92(U/V)・21時台
FM:JA2NLT(HRD:JR2NPC、JA1FMU)
結構な混信でなかなか上がらず。

RS-44・22時台
SSB:JE8ASA、AP2AUM
AP2AUM・MarwatさんとSKEDを組んで臨んだパス。AOS直後のS&PでCQが聞こえなかったのでRunするも応答なく、しかし2度目のS&Pで発見! 何度か呼んでQSOすると、JAからのパイルアップ! このパスでは当方の他にJH4MGU局・JH0RNN局・BX2ABT局がQSOに成功しました。まだまだ多くのJA陣が呼んでいたので、帰宅後に感謝の意と交信したがっているJAがまだまだいるよと伝えると、また出てくるからよろしく! との返事。ホント、ありがとうございました〜〜〜
posted by きこり@JH最大の難所 at 20:12 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

RS-44でDXハント

RS-44の中継器ONがテスト目的で、しかも5月11日までの限定運用だとの情報を入手。そこで手近な場所へ出掛けてきました。

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 23:16 | 岐阜 ☁ | Comment(2) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

ゴールデンウィーク最終日もヨーロッパ

5月7日(木)
RS-44・00時台
SSB:RZ3RZUA9FDZ(HRD:UA0STM)
若干苦手なSSBでの呼び回り。それでもEuと2局QSO。RZ3RZセルゲイさんは、モスクワの南東約200kmの街からオンエアー。2点間距離は7318.6kmでした。
posted by きこり@JH最大の難所 at 00:49 | 岐阜 🌁 | Comment(3) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

久々の1UP!

5月5日(火)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
RS-44・23時台
CW:UA9FDZE21EJC、JR6DI
SSB:HS3ANP
QSOできそうでなかなかQSOできなかったヨーロピアン・ロシアの局とようやくQSO。相手局のLOS時刻が迫る中、冷や冷やしながらのQSOでした。やっと肩の荷が下りた気分です。UA9FDZアレクサンダーさん、ありがとう!

QSO with UA9FDZ via RS-44
posted by きこり@JH最大の難所 at 00:33 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

RS-44・4日目

5月3日(日)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
RS-44(DOSAAF-85)・9時台
CW:JF1NDT、JH1RYE
SSB:JR0UIU/1、JH7JHX、JA0CAW、JA8KGG
Runしても呼ばれなくなったのでS&Pメイン。

RS-44(DOSAAF-85)・11時台
CW:7N1PFW/1、JG2NLN/1、8N2020S/2
このパスも呼び回りメイン。

RS-44(DOSAAF-85)・13時台
CW:UN6LN
LOS間際はEuが見えるDXパス。こちらが先にAOSすることもあり、CWで終始Run。しかしパスバンドの中心付近に陣取ったのが災いした。混信がきつく、Euから呼ばれないままLOS。このパスではEuから呼ばれたJA陣もいれば、SSBでVUも出ていたとのこと。VU方面は尾根筋が邪魔するので正直厳しいんだよねぇ……。

−…−

さて、本日発行された『ANS-124 AMSAT News Service Weekly Bulletins for May 3rd』。RS-44のことも記事になっており、昨日成し遂げられた偉業のことも取り上げられている中で、気になる一文も。以下に抜粋します。

The satellite is planned to remain continuously available for testing purposes until May 11th at which time a decision on further operations will be made.
(和訳:この衛星は5月11日までテスト目的で引き続き利用できるよう計画されており、その時点でさらなる運用の決定が行われます。)

■現在の中継器開放がテストを目的としていること
■そのテストが5月11日(月)までであること
■5月11日(もしくはその直前?)に、以降の運用モードが決定されること

RS-44の今後の動向には注視しないといけませんね。おそらくAMSATから何らかのアナウンスがなされるだろうと思われます。

−…−

RS-44(DOSAAF-85)・21時台
CW:RA9DA、JA3VQW、JN1VXL、JR2TZJ、JA1PHE、JR6RMK、JG7IJM/7、JI5RPT/1、JN1KWR、JH1RYE、JE2RBK、JE0IBO、JG3KUT/1、JF2LNC
最初は未交信の海外局を呼ぶべくバンド中をあっちこっち。Euウィンドウが閉じた後のAOSなので1局だけ呼び、後は終始Run。JG3KUT井本さんとは久しぶりのQSOでした。

RS-44(DOSAAF-85)・23時台
CW:JA3VQW、JA1FMU、HS3ANP、JJ0HPI/1
SSB:DV2JB、JR6QFV/9、JN1VXL、BX2ABT9M2CQC
AOS直後はEuの見えるDXパス。VFOを回してRA1OKやUA1OEJがいないか探すも分からず、諦めてCWでRun開始。しかし呼ばれるのはJAがメイン。パス後半は東南アジア狙いのSSBでRun。山LOSする間際に9M2から呼ばれる。9M2とのQSOは、恐らく9M2/JH3GCN以来ではないだろうか。調べたところ、9M2とのQSOは13年振りでした。

BBSで聞こえてたよ、とOH5LKリックさん。だったら呼んでくれよ〜〜〜。ちなみに2点間距離は約7614km。MAは推定106。惜しいチャンスを逃しました。

5月4日(月)
RS-44(DOSAAF-85)・23時台
CW:No QSO...(HRD: UN6LN)
仰角が低すぎました。自局のループもかろうじて取れるレベル。これではOHどころかUAも厳しかった。

次のOHとの好パスは、6日深夜(7日未明)のパス。MAが111、共通ウィンドウは1分強。QSOできるといいな。
posted by きこり@JH最大の難所 at 20:46 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

RS-44・3日目

5月2日(土)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
RS-44(DOSAAF-85)・9時台
CW:JE1DXC、JK1AFI、JA3PXH、JH8FIH
アンテナをしっかりと向けているので安心してRunできるも、QSBの谷間に落ちると正直厳しい。

RS-44(DOSAAF-85)・10時台
CW:JA1SJV、JM1CAX、JH6TYD、JH7PKU/0、HL4BPL、JH9CEN、JR6QFV/9、AL7JK、JA6SZV/1
TwitterでAL7JKジョンさんと示し合わせ、当方が先にAOSするのでバンド下端に近いところでRun。KL7側でAOSして間もなく、無事見つけていただきQSOできました。Tnx John!

QSO with AL7JK via RS-44

RS-44(DOSAAF-85)・12時台
SSB:DV2JBHS3LSE、JA4GVA、JH8FIH(HRD:RA1OK)
中央アジア&Uゾーンを狙いSSBでRun。LOS間際にCWでCQ RA1OU?と叩く信号がQSBを伴って入感(後で録音を聞き返したらRA1OK局だった)。SSBで呼び掛けるも応答なく、CWに切り替えて呼ぼうとしたら山LOSした(涙)。でも自宅で初めてEuの信号を受信(しかもUAは当方にとってNew DXCC!)。いやはや、今後に期待しようhi。

我が家ではフットプリント外となる18時台のパスで、JA0CAW局⇔KI7UNJ局のSSB-QSOがなされました。その距離、約7,859km! 共通ウィンドウが約3分とは言え、仰角がお互い1度以下という条件の中での偉業達成。素晴らしいです。JA0CAW佐藤さん・KI7UNJタッカーさん、おめでとうございます!

RS-44(DOSAAF-85)・20時台
SSB:UA0ADX、JO2ASQ、JH0RNN
CW:JH1JBP、JG7IJM/7、JJ1KXB、JH0RNN
最初は海外局を呼びに回る。その後、バンド下端に近いところでRun。でも呼び回りの練習をすれば良かったと今になって反省hi。

RS-44(DOSAAF-85)・22時台
CW:UN6LNDS2BWU、JK3HFN、BX2ABT、JA1XCZ/4、JG0AWE、JH4XSY
ヨーロッパの局とSKEDを組んで臨んだパス。しかし先方のCQを見つける前に共通ウィンドウが閉じる。う〜む、やってしまったか……。その局と交信したJH0RNN五十嵐さんから周波数を教えてもらう。次こそは!

5月3日(日)
RS-44(DOSAAF-85)・00時台
CW:OH8MBNHS3LSEBD5EUA
ひとつ前のパスではSKED-QSOに失敗したものの、こちらのパスのほうが好条件なので、じっとAOSを待つ……と、OH8MBN局のCQが入感! すかさず呼び、無事QSOすることができました。自宅からの初Eu! いや〜、これは嬉しいです。FO-29の時は、山の上まで行ってやっとQSOできた相手と自宅でQSOできるなんて。SKEDに付き合ってくださったMikaと、素晴らしい衛星・RS-44に感謝感謝!

QSO with OH8MBN via RS-44
The distance between OH8MBN(KP25ra) and JK2XXK(PM85rl) is about 7405km.
posted by きこり@JH最大の難所 at 15:49 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

RS-44・2日目

RS-44の概要
ビーコン 435.605MHz
アップリンク 145.965MHz +/-30kHz
ダウンリンク 435.640MHz +/-30kHz

5月1日現在のTLE
1 44909U 19096E 20121.19801016 .00000010 00000-0 00000+0 0 9993
2 44909 82.5240 27.3787 0217431 339.6534 19.6000 12.79706684 16018
−…−

5月1日(金)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
RS-44(DOSAAF-85)・10時台
CW:JM1SBU、JK1AFI、JE1DXC、JA1VDJ、JR0BUL
AOS直後からCWでRunするも、どうも受信が芳しくない。QFHの方が送受ともに八木より上。どういうことだ……。

RS-44(DOSAAF-85)・12時台
CW:E21EJCDS2BWUR0CQ、JA1CXC、JJ1KXB、UA0ADX(HRD:DV2JB)
このパスも受信に四苦八苦。E21EJC局による録音からは、アリゲータ化しているのが明らか……。これはマジでアカン。

19時過ぎに仮設アンテナの向きを確認すると、右に20度ほどズレている。そして架空している同軸ケーブルの高さが、いつもより低いことに気付く。あれ?! よく見ると、5段のお化けポール(FAP-505)が4段しか伸ばせていない。ああ、そういやいつだったか、台風並みの風が吹き荒れると聞いて1段縮めたままだったことを思い出す。さっそくフルアップして方向を微調整。これで受信能力が戻ればいいんだけど。

RS-44(DOSAAF-85)・20時台
CW:JH4MGU、JN1KWR、JA1VVH、JA1IRH、JR8QFG/8、JE9BGB/1、R0CM、JG1BOK、JK1AFI、JH4MPR、JH1BSK、JH4RNY、JJ1KXB、JA1GZK、JH1UVJ/4
山の向こうから衛星が出て来てすぐにループが取れたのでCWでのRunを開始。大きめのQSBがあるものの、恵那山の向こうに隠れるまで安心してRunできました。ヨカッタヨカッタ!

RS-44(DOSAAF-85)・22時台
SSB:RV9CHBUA0STM、JR6RMK、JE4KQH、JH1EMH、JM1SBU、JA0CAW、JA3PXH、JK1AFI、JH1JBP、JH4MPR、JH8CLC/7、JE9BGB/1、JR0BUL、DV2JB、JA1VVH、DU9JJY、JG0AWE、JE1CVL
まずはSSBで呼び回り。RV9CHB局とは1年7ヶ月振りのQSO。その後、SSBでRun。山LOSするまでRunを続け、最後はVK8の北半分が見えるところまでループが聞こえていた。なおこのパスでは、OH8MBN局⇔JA7KPI局のQSO(CW)もなされたとのこと。いやはや、楽しいですね〜。

5月2日(土)
RS-44(DOSAAF-85)・0時台
CW:HS3LSE(HRD: JA7KPI、JA0BBW、UA0ADX)
SSB:DV2JBE21EJC
Euが聞こえないかと最初は呼びに回る。CWで弱い局が聞こえるもすぐにフェードアウト。仕方ないのでCWでCQを出すもHS3LSE局のみ。その後、SSBでRunして海外局とQSO。最初に聞こえた弱い局が気になる……。明日に期待!!

posted by きこり@JH最大の難所 at 21:53 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

新しい衛星での初QSO!

4月30日(木)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
DOSAAF-85(RS-44)・19時台
SSB:JA0CAW
JA0CAW佐藤さんから標記の衛星の中継器がONになったとの情報Twitterでいただいたので、さっそくCalsat32にTLEをセットしてAOSを待つ。まずはビーコン聴取と思うも聞こえてこないので、435.640MHz受信固定でCWのループテストを開始。OFFSET:-2100で自局のループが聞こえたのでCQに切り替えると、近くでモガモガが聞こえる。さっそくSSBにチェンジし、JA0CAW局とQSOできました。

その後は再びCWでRun。中継器の出力は5Wとのことだがダウンリンク自体は相当弱く、またなぜか低めの仰角なのに送受ともQFH>八木であった。またRunの途中、強力なCWでのループテストが聞こえたけど誰だったのかな。なおJA0CAW局は、JE1CVL局ともQSOしたとのこと(JE1CVL局は当方をSSBで呼んでくださったそうですが分からず……)。またその直前では、ヨーロッパで多数のQSOがなされたらしいです。

−…−

ビーコン 435.605MHz
アップリンク 145.965MHz +/-30 kHz.
ダウンリンク 435.640MHz +/-30 kHz.

4月30日5月1日現在のTLE
DOSAAF-85
1 44909U 19096E 20120.96346743 +.00000010 +00000-0 +00000-0 0 9999
2 44909 082.5239 027.5343 0217449 340.2089 019.0669 12.79706663015985

RS-44
1 44909U 19096E 20121.19801016 .00000010 00000-0 00000+0 0 9993
2 44909 82.5240 27.3787 0217431 339.6534 19.6000 12.79706684 16018
−…−

DOSAAF-85(RS-44)・21時台
CW:UA0ADX、JA3FWT、JE1CVL
UA0ADX局と久々にQSO。いや、もしかしたら先日のコンテストでQSOしてるかもしれないけど(ADXさんはRW0A局のオペで参加)、高度のある衛星なので余裕のQSOでした。

DOSAAF-85(RS-44)・23時台
CW:JE8ASA/8、JA7KPI、E21EJC(HRD: UA9CED)
AOS直後はOHが、LOS直前はVK6やVK8の北半分が見えるというDXパス。先ほどの2パスと異なり、衛星が見えている間はQSBを伴うものの、ほぼ良好なダウンリンクが聞こえていました。

RS44-AOS.jpg RS44-LOS.jpg
左がAOS直後・右がLOS直前

いや〜、とんでもなく楽しい衛星が出て来たものですね。FO-29が限定運用なので、現時点でJAからヨーロッパや北米、オーストラリアとQSOできる唯一のリニア衛星と言っても過言ではないでしょう(AO-7のAモードが使えれば別だけどhi)。日中よりも夜間のほうが良好なMA値なので、深夜の西パスは東ヨーロッパや中央アジアの局とのQSOチャンスがあるかも。
posted by きこり@JH最大の難所 at 20:28 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | サテライト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

今日は初めてのFT4

4月29日(水・祝)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM856rl)
7-FT4:JK3HFN、JH7GWO、JG4QFG、7M1ANM、JH3IEF、JA2HIJ、JN2PXP

なんとなくFT8で7.041MHzを眺めていたら、FT8よりも帯域が広く送信時間の短い信号を発見。FT4に切り替えるとJK3HFN局のCQが見えたのでコールし、無事FT4デビューを果たしました

ただ、出力が5W程度ではどうもアカンなーと感じたので、30Wぐらいまで上げてQSO。お友達によると、FT4はFT8よりもビットレートが速い分だけ感度が悪くなるモードだとか。なるほどねぇ。FT8って実はバランスの取れたモードなのかしらん。運用局の数もぜんぜん違うし、FT8の方が出力を落とせる分だけRigの終段に優しいので、コンテスト以外はFT8でいいかなって気がします。
posted by きこり@JH最大の難所 at 22:11 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | デジタル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

HF帯で初めてのFT8

前日のコンテストのために7MHzへ出られる環境を構築したので、ものはついでと午後から少し遊んでみるつもりが……

4月27日(月)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
7-FT8:JH4HTC、JA7FLI、JR0NEA、JA6NEJ、JA8XCS、JA6SUY、JA5XI、JE6KTB、JH7ULA、JA5RRG、JL8GZO、JA6JTZ、JJ7TDH、JE4XCQ/P、JI7KIW、JA4TJC、JH4WBE、JE6VOH、JG7BBO、JH6WWY、JF2KOZ、JA7AEM、JE6MCA、JA7FVT、JI3WBB、JA2ANR、JP3CYL、JA4QWM、JE7GXQ、JA0QIT、JA5GOJ、JA0DLM、JA1JEJ、JN1VSI、JF4IJN、JJ1EBG、JH2RWP、JJ1UBA、JE1GZB、JH4MGU、JH1QMX、JR3LCF、JA9DGI、JR7WXR、JJ1DOR、JL1QDO、JK3UDU、JA1SBA、JA3JNS、JO1HJD、JA7EUX、JA1CGC、JA0ECZ、JA3BVD、JA7EXM、JN1AUQ/P、JG1TGQ、JE3AIE、JK1SOO、JE3GFM、JA3CAW、JO1LAC、JM6EKY、JJ1NRX、JN1AUQ/P、JG1JEO、JA6IQG、JH0WSL、JA3POV、JF1KVY、JR2IMJ、JH3OGT、JA0AFB、JF2FKJ、JA2INL、JG7NPC、JM3OCJ、JK1OZJ、JH6BMH、JP1SJB、JA3VXH、JA0QED、JE4GJV、JA1LBZ、JA2GSR、JS1XLL、JA2JTN、JJ1VQD、JE9QMZ、JM8FEI、JH6PPX、JH3KCW、JA1LZB、JH1ITM、JA2HIJ、7N4LCV、JI1KTU、JI3GME、JI1VIK、JF2GCG、JH5EZJ、JG1GWG、JA1FOL、JR1HSI、JA1SKL、JG1WNO、JH3JZJ、JF1MWL、JA4ENY、JH3CBA、JH4QGW、JH7GWO、JH3IEF、JH2FNN、JA3HKO、JA2QWN、7L3AEO、JA2FJF、JA2HFB、JM1FBF、JH4JPO、JF3RGS、JA8NSF/P、JG1DDO、JA4KOC、JH3OWW、JE4KCN、JA4AEZ、JH4CGG、JH7OTG、JA7BFT、JG1BAG、JI7EKT、JK2BAP、JH0ILL、JH5HDA、JO1LXP、JA2BVS、7K1JFM、JA8HCE、JE0KLX、JF1GAY、JH8ESQ、JA5GYU、JI6IHG、JQ3MZL、JA1KWB、JQ3BTU、JH1QQA、JP1WES、JM2TKL、JF2NLF、JE2BSJ、JH8HOK、JR2SFF、JR2IGV、JA7BVA、JH8VYH、JK1PLR、JH1HFL、JE6VKV、JH1SWW、HL3EFM

当初は、出力7〜8W(WSJT-Xのパワースライダーを最小・自作デジタルI/Fの出力を最大、出力は通過型電力計のメーター読みによる)で運用。途端にパイルとなり、操作にまごつきながらも何とかこなす。

夕方は、出力を1Wまで落とした状態(自作デジタルI/Fで調節)で運用。それでも続々呼ばれる。たださすがにもらうレポートは、ほぼ相手局よりも低い。みなさん出力を結構出している?! こんな感じなら、ALLJA1コンテストの出力制限って10W以下で良さそうな気がします。10W以下なら(アンテナの差はともかく)資格に関係なく競えますし。

夜は、30Wぐらいまで出力を上げて7.074MHzでCQを出すも、HLから呼ばれただけで終了。相対的に弱いんだろうなぁ。それでも北米まで届いていたので、こんなものか〜ということで本日の運用を終了。

さし当たって7月のCQ WW VHFコンテストでは、FT8/FT4でも遊んでみたいですね。むしろFT8/FT4ならグリッドロケーターをほぼ確実に交換できるので(いきなりデシベルレポート付きで呼んで来なければhihi)、SSBやCWへ出るよりも効率がいいかも知れない……。

お相手いただいた方々、ありがとうございました。

−…−

4月28日・追記

7-FT8:RA9FGW、RT2O、US8INM、BH4PRD、R3KF、BI4SZP、RX3AMY、RX3FU、RA3ABG、R2AW、UX7UW、BH1HWF

50Wにまで上げてRunしたら、ポツポツ呼ばれました。またここを見ると、イタリアまで飛んでいるのが確認できました。地上高の低い国内向けの逆Vとは言え、指向性がヨーロッパ方面へ向いているので、こんなものでしょう
posted by きこり@JH最大の難所 at 23:32 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | デジタル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅から初のフル参加

当初は、いつものように高知県からCAMでと考え、休暇も申請してあった。昨今のCondxから察するに、5エリアはまずまず有利な感触だったし。しかし折からのコロナ禍により、帰省(hi)を取りやめざるを得ない状況に。次善の策として、いつもの恵那市の山の上からCAMかXAM、それとも県境からC50でもいいか、最悪近所の裏山からC35Mかな……と考えるも、移動自粛要請が出たのですべて断念(涙)。それなら、と以前から取り組んでみたいこと(CW Skimmerの構築・ノイズキャンセラーの実装)を検証しながら参加すべく、自宅からC7Mに参加することとしたのでした。

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 22:58 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

初めてのFT8

本日付けの官報(号外第84号)にて告示された総務省令第四十二号により、パーソナルコンピュータ装置を附属装置として接続してデジタルモードの免許を受けていれば、(無線局免許状の記載事項に変更のない範囲に限るものの)それまで免許を受けていないデジタルモードにも出られるようになったので、さっそくFT8を運用してみました。

4月21日(火)
岐阜県中津川市(JCC#1906、PM85rl)
144-FT8:JP1LRT、JQ1TIV、JF3MKC、JR3HQU、JM2TKL、JE4NHC、JN2PXP

ここで懺悔がてら本日のミスをhi
▼COMポートの設定を間違えてて送信せず(COM6とすべきところをCOM7にしていた)
▼「Enable TX」をONにしていなかったので送信せず

後は先達の教えを参考に何とか設定。以前にJT65でボチボチ遊んでいたので、そう違和感なく操作できました。後はN1MM+とリンクさせてのオペレート環境の構築ですね。取りあえずは、FT8/FT4のコンテストへ出られるようにしたいhi。

これで外出自粛のゴールデンウィーク中であっても自宅からまったりと遊べそうです。

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 23:12 | 岐阜 ☀ | Comment(0) | デジタル通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

The Yuri Gagarin International DX Contest 2020

サテライト通信でのQSOも有効となる標題のコンテスト、今年も自宅から全力投球しましたhi

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 21:56 | 岐阜 ☔ | Comment(0) | コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

強風の吹き荒れる中で

寒冷前線通過後の猛烈で、冷たくて、しかも雪の交じる北風が吹き荒れる中、今年も電信オールバンドで参加しました。

続きを読む
posted by きこり@JH最大の難所 at 11:30 | 岐阜 ☁ | Comment(2) | コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする