2020年03月21日

強風の吹き荒れる中で

寒冷前線通過後の猛烈で、冷たくて、しかも雪の交じる北風が吹き荒れる中、今年も電信オールバンドで参加しました。

第60回東海QSOコンテスト
管内・シングルOP電信オールバンド(I-SCA)
岐阜県恵那市・大船牧場(JCC#1910・PM85sh)
★結果★
Band QSOs(PH-Q/CW-Q/RY-Q) Pts Mult
3.5MHz 81( 0/ 81/ 0), 81x 57
7MHz 146( 0/ 146/ 0), 146x 69
14MHz 21( 0/ 21/ 0), 21x 19
21MHz 18( 0/ 18/ 0), 18x 18
28MHz 15( 0/ 15/ 0), 30x 15
50MHz 26( 0/ 26/ 0), 26x 23
144MHz 43( 0/ 43/ 0), 43x 35
430MHz 18( 0/ 18/ 0), 18x 13
1200MHz 8( 0/ 8/ 0), 24x 8
合計 376( 0/ 376/ 0), 407x 257
総得点 = 104,599

★タイムチャート★
Band | 09 10 11 12 13 14| Sum
-------+------------------------+----
3.5MHz| 59 3 19| 81
7MHz| 32 91 5 18 | 146
14MHz| 5 10 6 | 21
21MHz| 4 7 6 1| 18
28MHz| 1 6 5 3| 15
50MHz| 8 6 8 4| 26
144MHz| 23 1 12 1 6| 43
430MHz| 13 1 1 3| 18
1200MHz| 1 1 4 1 1| 8
-------+------------------------+----
Sum-1 | 67 79 93 51 49 37| 376
Sum-2 | 67 146 239 290 339 376|

★マルチマップ★
※1〜9局は実数、10局は「0」、11局〜36局は「A」〜「Z」、37局以上は「+」で表記
|11111111111111| | | | | | | | | |
|00000000011111|000000|00|11111111|1122|222222|223|33333|3333|44444444|4
Band |12345678901234|234567|89|01234567|8901|234567|890|12345|6789|01234567|8
-------+--------------+------+--+--------+----+------+---+-----+----+--------+-
3.5MHz| 1 | 11111|34|633221 |67F0| 312| 1|2 11|1 | |
7MHz| 1 2 1 |132262|41|7B772121|B6B7|3110 6| 12|1 116|1 2 |5 21 1 |
14MHz| 2 1 | | 1| 1 |1265| 1 | | | | 1|
21MHz| 1 1 | | 1| |1283| 1 | | | | |
28MHz| | | 1| |1462| 1 | | | | |
-------+--------------+------+--+--------+----+------+---+-----+----+--------+-
50MHz| | | 1| |2904| | | | | |
144MHz| | | 2| |79I5|1 | | | | |
430MHz| | | 2| | 592| | | | | |
1200MHz| | | 1| | 223| | | | | |
-------+--------------+------+--+--------+----+------+---+-----+----+--------+-
※ハイライト以下は、何か思い付いたら追記しますhi

★ハイライト★
○漠然と10万点超えを目標に参加。漠然ゆえノープラン(!)で本番突入。DuelRun(時々2BSIQ)を積極的に行った結果、いい感じにまとめることができて、目標がクリアできた。
○長年使っていた14〜28MHzのRDP(TA-33Jrの輻射器を流用)が当方の不注意で破損。コイル部に水が入ると動作が不安定になることがあること、短縮率の大きい14MHzではCondxが悪いとイマイチ呼ばれないことから(そう判断する決め手となったのが前回)、以前から考えていた三線式RDPを製作して実戦投入。まずまずの出来高だった。ただ21MHzの飛びがイマイチ(聞こえる管内局を呼んでもQRZすら返らず……複数の8エリアとQSOできているので飛ぶには飛んでいるのだろうけど)なので、各バンドのRDPを積み重ねる順番を変えてみるのもいいのかも?! 今回は上から28/21/14の順。
○前日に1.9〜1200MHzのアンテナを上げておいたので(実際には強風対策で14〜28MHzのRDPのみローテータから上の部分だけ抜いて横倒しにしておいた)、当日はゆとりをもって本番に臨むことができた。
○7MHzのオープンをRBNで確認できたので、上手く波に乗ることができた。1042からの80分で118局とQSO。なおこの時間帯、7MHzでRunやS&PをしながらV/UHF帯でもRunやS&Pして局数&マルチ数の底上げに貢献
○本番開始前に、フォロワーさんが差し入れを持ってバイクで来て下さった。感謝!!

★ローライト★
▼2400/5600MHz用TRVの親機(IC-1201)の電源ケーブルを忘れる。最近、あっちこっちへ移動運用するのに使ってて、元の場所(TRVなどをまとめて入れてあるコンテナボックス)へ戻さなかったため。もっとも電信電話オールバンドで10万点を超えた時も2400MHz以上がナシだったので、3.5〜1200MHzに集中すればいいっかと開き直りhi。
▼コンテスト当日は、終始横殴りの強風が吹き荒れる。そのため三線式RDPが風見鶏状態に。KR-250を入れてScに対応するつもりだったが、どの方角を向いているのか分からなかった。
▼ノイズ対策を施した発電機(EF-9HiS)から若干のノイズが漏れているようで、3.5MHzの受信に支障。そのためリールコード(30mL)と延長コード(10mL)を使い、発電機を1.9/3.5MHz逆Vから離せるだけ離して設置。これで信号の弱い局もそこそこ聞こえるようになった。しかし完全ではない感じ。更なる対策(安定化電源のACコードへの対策など)が必要っぽい。また、かつて多用していた発電機(スバル・SGL1500-II)の再登場も要検討かも。
▼三線式RDPが別マストに干渉して360度回すことができず。RDPなので180度回せれば問題はないのだけど、前項の理由でRDPがどこを向いているのかが本番中は分からなかったため、ほとんど回さずに運用せざるを得なかった。当初は干渉することが分かっていたので、そうならないようにアンテナ群を配置する予定だった。しかしあまりの強風でアンテナ群の配置を変更し、干渉を甘受せねばならなかった。
▼IC-7000のRigコントロールが不調。N1MM+立ち上げ直後はちゃんとコントロールできるのに、10分ぐらいするとバンドマップ下部にリセットボタンが出現。IC-910Dは時おり周波数が飛ぶ症状が見られるも最後までコントロールできた。真面目に対策しないとダメだな。
▼DuelRun(2BSIQ)時に、どっちで呼ばれたのか分からなくなったケースが数度。修行が足りない。
オール熊本で不調だったノートPCの代替品(ThinkPad X61)を初投入。各種の設定にツメの甘いところがあって、本番中にあれこれ設定をいじくり回す羽目に。特に半角/全角キーを無効にするべく入れているNoIme7が初期設定のままだったのは痛かった。また不調のノートPCから移したバッテリーがダメになっていた。要交換。
▼1Rig-1PCの環境にしようと考えるも(現状は3Rig・2PC)、そのためには任意の2Rigを自由に選択できる仕組みが要ることに気付き断念。現在、4Rigの中から任意の2Rigを自由に選択できる仕掛けを作るべくパーツを集めている最中なので、今年中には形にしたいところ。目下のネックは、ロータリーSWとTLP227GA代替品(TLP240GA)の入手、あと軍資金hi。
前回で必要性を感じなかったため設営しなかったIC-7000M用の144/430MHzアンテナ、今回はほしいと感じた。次回は使わなくてもいいので設営しよう。
▼アンテナをJG1ZGW/bが良好に聞こえる方角へ向けて50.251MHzでRunしていると、神奈川の局が管内向けCQを出し始めた。こちらはぽつりぽつりと濃尾平野の局から呼ばれるので気にも留めなかったけど……。この局、なんかのコンテストで以前に14MHz(1KW&6エレ)で呼んだ時もQSOに手こずった覚えがある。あまり耳が良くないのかしらん?! もっとも神奈川からだと、隣の静岡や大票田の愛知、良好な伝搬の期待できる三重を狙おうとすると、岐阜ってビーム方向からちょっと外れちゃうしねぇ。この局は結局、誰にも呼ばれず引っ込んだ。そして当方も50MHzで1エリアとは最後までQSOできず(涙)。
▼ラスト1時間は完全に失速。7MHzは近距離がスキップし、他のバンドでRunしてもさほど呼ばれず。1つのバンドでRunしながら他のバンドでS&Pをしまくって局数を積み重ねた。
▼実は大都市コンテストにも参加するつもりでいた(それで1.9MHzのアンテナも上げた)。しかし、あまりの強風で日没後の撤収がスムーズに行えないと判断。18時前には撤収を終え帰途に就くことができたものの、大都市コンテストは不参加となった。
▼今回の忘れ物:IC-1201の電源ケーブル(再掲)、石頭ハンマー(また忘れた……仕事と共用するのはやめよう)、モバイルWiFiルーター(行方不明につきガラホで代用)
▼勤務先が完全週休二日制の導入に伴い休日カレンダーが変更となり、それまで休日だった春分の日が勤務日に変更。おかげで有給休暇を2日も取らざるを得なくなった。こればっかりは仕方ないかなhi。

P_20200320_084756_R.jpg
アンテナ全景

P_20200320_084839_R.jpg
上:1.9/3.5MHz逆V
下:7MHz逆V

P_20200320_084904_R.jpg
右:50MHz2エレ(HB9CV)と144〜1200MHzGP
左:14MHzRDP(CQ誌2019年6月号に製作記事を掲載)をベースに製作した14〜28MHzRDP

P_20200320_152322_R.jpg
14〜28MHzRDPの給電部
どのバンドもSWRは1.4以下に収まった
リード線に5.5SQのIV線を用いることでバラン(JF5QQF五味さんにもらったBL-4K)が上手く空中に保持できるようにした
ただ強風でエレメントが暴れるとSWRが上下動したのでエレメント間隔を保持する仕掛けが要るかも

★多バンド交信局★
7QSO:
JF2VAX(3.5/14/21/28/50/144/1200MHz)
JH2CMH(3.5/7/14/21/28/144/430MHz)
6QSO:
JK2EIJ/0(3.5/7/14/21/28/430MHz)
JN2AMD(3.5/7/14/21/28/50MHz)
JR1UJX/2(7/21/28/50/144/430MHz)
JR2DOL(3.5/7/14/50/144/430MHz)
5QSO:
JF2FIU(3.5/7/21/144/430MHz)
JJ2TKX(3.5/7/21/144/1200MHz)
JM2CAN(3.5/14/50/430/1200MHz)
JR2MIO/2(3.5/7/14/21/28MHz)
JR2UTH(3.5/7/14/21/28MHz)
4QSO:
JA2FWL(50/144/430/1200MHz)
JE2FJI/2(3.5/7/28/144MHz)
JE2WWB(3.5/14/50/430MHz)
JF2KWM(28/50/144/430MHz)
JH1PVJ/0(50/144/430/1200MHz)
JR8OGB(3.5/7/14/21MHz)

P_20200320_174933_R.jpg
運用場所からの風景(その1)
中央奥に小さく見えるのは猿投山

P_20200320_175116_R.jpg
運用場所からの風景(その2)
中央奥で雲に隠れているのは恵那山

★QSOできた局(多謝!)★
7K1CPT/1
JA7KPI
JF2FIU
JI2SVL
JK1WSH/2
JK2EIJ/0
JK8PBO
JO2BWZ/2
JR1UJX/2
JR2AWS
JR2MIO/2
JR2NTC/2
JR6CSY

お相手いただいた方々、ありがとうございました
次のコンテストでもよろしくお願いいたします
posted by きこり@JH最大の難所 at 11:30 | 岐阜 ☁ | Comment(2) | コンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各バンドでのQSOありがとうございました。
今回はアフターが主!?だったのでHF&1Rでのご気楽参加でした。
ちゃんとした3線アンテナのようですが重そうですね。非力な当方ではまず無理でしょう。
こっちの並びも14-21-28ですが、同様に21M飛ばなかったです。
配列や間隔を見直したほうが良いかもしれませんね。
Posted by JR2MIO at 2020年03月23日 20:34
>JR2MIO
こちらこそ各バンドでのQSO、ありがとうございました〜

あの3線式RDP、実はMIOさんのアンテナを参考に作った代物だったりします(爆)。エレメントのみで約2.8kgなので、リード線付きバランとクロスマウント3つを入れても3.5kgぐらいだと思いますよ
さて、以前に「3・3アンテナは真ん中のバンドが飛ばない」という話を聞いたことがあります。3・3アンテナとはトライバンド3エレのことなんですけどね。だからという訳でもありませんが、今回は21MHzの飛びが他よりも若干落ちるように感じました
もっとも当方のアンテナは、自由に組み合わせることが可能なので、たとえば14単体と21/28のデュオの2系統にして上げてみるのも手ではありますhi
Posted by きこり@JH最大の難所 at 2020年03月23日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]