2021年02月06日

QSLカードの発行基準

当方が発行するQSLカードについて、HAMLOG E-Mail QSL(以下「hQSL」)を導入したため、2021年1月1日以降の交信分を原則として以下の基準に沿って発行します。

1. 国内局(JA・JD1/o・JD1/m)
1-1 コンテスト
1-1-1 以下に該当する局へは、hQSL・紙QSLともに発行しない
 社団局(コールサインが8J-8Nで始まる局を含む)
 QSLカードに発行しなくてもよい旨の記載がある局
  ※返信不要の旨が記載されている局も上記と同様の取り扱い
 発行しなくてもよい旨を直接お伝えいただいた局
 今までQSLカードが当方の元へ届いたのを見たことがない(と当方が思っている)局
1-1-2 hQSLに対応する局は、hQSLのみを発行
1-1-3 hQSLに非対応の局は、従来どおり紙QSLのみを発行
1-1-4 すべての交信データをLoTWへアップロード
1-1-5 eQSLには対応しない

1-2 移動運用(コンテスト参加を伴うものを除く)
1-2-1 以下に該当する局へは、hQSL・紙QSLともに発行しない
 コールサインが8J-8Nで始まる局
1-2-2 hQSLに対応する局は、hQSLのみを発行
1-2-3 hQSLに非対応の局は、従来どおり紙QSLのみを発行
1-2-4 すべての交信データをLoTWへアップロード
1-2-5 eQSLには対応しない

1-3 自宅での運用
1-3-1 以下に該当する局へは、hQSL・紙QSLともに発行しない
 発行しなくてもよい旨を直接お伝えいただいた局
 コンテストの場合は、原則として1-1-1項に準ずる
1-3-2 hQSLに対応する局は、hQSLのみを発行
1-3-3 hQSLに非対応の局は、従来どおり紙QSLのみを2〜4ヶ月に1度発行
 衛星通信の場合、期間中における同一衛星(及びモード)での重複QSOは原則発行しない
1-3-4 すべての交信データをLoTWへアップロード
1-3-5 eQSLには対応しない

2. 海外局
2-1 hQSL・紙QSLともに発行しない
2-2 すべての交信データをLoTWへアップロード
2-3 eQSLは、リクエストのあった時のみ個別対応

以上、よろしくお願いいたします。


【参考】現用中のHAMLOG E-Mail QSL用定義ファイル
;
; 横長の電子QSL by JK2XXK/JI2ZLX
;
;各文字列の内訳
;変数 格納先 内容
;$E Rmks1 自局の移動運用先のエンティティ(***/JK2XXK)
;$P Rmks1 自局の移動運用先の移動表示(/n)
;$X Rmks1 運用市郡区町村(英 語)
;$Y Rmks1 運用市郡区町村(日本語)
;$Z Rmks1 運用市郡区の市郡区ナンバーとグリッドロケータ
;$A Rmks2 衛星のオスカーナンバー、またはレピータのコールサイン
;$B Rmks2 コンテスト名
;$C Rmks2 IOTA番号・SOTA番号など
;$S Rmks2 SWLナンバー《電子QSLでは使わない》
;$T Rmks2 SWLナンバー用の移動表示(/n)《電子QSLでは使わない》

#Size 640,408
;#Mov $$W = 290
#Mov $$W = 248
#Mov $$X = 290
;#Mov $$X = 244
#Alpha 0,$$W,640,228,19 ; 下の方を半透明に

;【重要】写真サイズ 640x408
#Jpg 0,0,640,0, "MtEna_R.jpg" ; 常置場所(設置場所)
;#Jpg 0,0,640,0, "2103_恵那市_R.jpg" ; 移動運用


;///// 自局データを印字する /////

;=== 画像の説明 ===
;#Mov $$R = "RS-44でのA65BR局とのSKED-QSOは失敗。無念なり (T-T)" ; 移動運用
#Mov $$R = "苗木城址から眺める恵那山と中津川市街" ; 固定運用

;=== OP名 ===
#Mov $$S = "OP: 戸根 伸剛 / TAKA" ; 日本語
#Mov $$T = "OP: Nobutaka 'TAKA' TONE" ; 英語(ローマ字)

;=== 文字揃え(全てコメントアウトで左詰め) ===
;#Goto *1 ; 右詰めにしたい時
;#Goto *2 ; コールサインは左詰め・運用地などは右詰め
;#Goto *3 ; コールサインとOPは左詰め・運用地は右詰め
#Goto *4 ; 固定局(画像は MtEna_R.jpg を使うこと)

; ******************************************
; ***** ここから下は基本的に改変不要 *****
; ******************************************

;=== 左詰め・陰影 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print 13, 3, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#Print 12, 64, "!$$S"
? UTC
#Print 12, 64, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#Print 12, 89, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#Print 12, 89, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#Print 12,111, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#Print 12,133, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-14, "!$$R"

;=== 左詰め・自局データ本体 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x8ce5f8 ; 淡黄
#Print 10, 0, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#Print 10, 63, "!$$S"
? UTC
#Print 10, 63, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#Print 10, 88, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#Print 10, 88, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#Print 10,110, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#Print 10,132, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-15, "!$$R"
#Goto *9

;=== 右詰め・陰影 ===
*1
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#PrintR 630, 3, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 630, 64, "!$$S"
? UTC
#PrintR 630, 64, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 630, 89, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 630, 89, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 630,111, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 630,133, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-14, "!$$R"

;=== 右詰め・自局データ本体 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x8ce5f8 ; 淡黄
#PrintR 627, 0, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 628, 63, "!$$S"
? UTC
#PrintR 628, 63, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 628, 88, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 628, 88, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 628,110, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 628,132, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-15, "!$$R"
#Goto *9

;=== 両サイド(移動-1)・陰影 ===
*2
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print 13, 3, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 630, 11, "!$$S"
? UTC
#PrintR 630, 11, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 630, 36, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 630, 36, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 630, 58, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 630, 80, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-14, "!$$R"

;=== 両サイド(移動-1)・自局データ本体 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x8ce5f8 ; 淡黄
#Print 10, 0, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 628, 10, "!$$S"
? UTC
#PrintR 628, 10, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 628, 35, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 628, 35, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 628, 57, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 628, 79, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-15, "!$$R"
#Goto *9

;=== 両サイド(移動-2)・陰影 ===
*3
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print 13, 3, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#Print 12, 64, "!$$S"
? UTC
#Print 12, 64, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 630, 11, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 630, 11, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 630, 33, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 630, 55, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-14, "!$$R"

;=== 両サイド(移動-2)・自局データ本体 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 48
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x8ce5f8 ; 淡黄
#Print 10, 0, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#Print 10, 63, "!$$S"
? UTC
#Print 10, 63, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 628, 10, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 628, 10, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 628, 32, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 628, 54, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-15, "!$$R"
#Goto *9

;=== 両サイド(固定)・陰影 ===
*4
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 60
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print 13, 3, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 630, 11, "!$$S"
? UTC
#PrintR 630, 11, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 630, 36, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 630, 36, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 630, 58, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 630, 80, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-14, "!$$R"

;=== 両サイド(固定)・自局データ本体 ===
;--- 自局コールサイン
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 60
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x8ce5f8 ; 淡黄
#Print 10, 0, "!R1$E!Ca!R1$P"
;--- 運用者
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 3
? UTC!
#PrintR 628, 10, "!$$S"
? UTC
#PrintR 628, 10, "!$$T"
;--- 運用場所
? UTC!
#PrintR 628, 35, "!R1$Y" ; 運用場所(市郡区名・JP)
? UTC
#PrintR 628, 35, "!R1$X" ; 運用場所(市郡区名・EN)
#PrintR 628, 57, "!R1$Z" ; 運用場所(市郡区ナンバーなど)
;--- その他
#PrintR 628, 79, "!R2$C" ; IOTA・SOTAなど
;--- 画像紹介
#FontName = "IPA Pゴシック"
#FontSize = 10
#PrintR 628,$$X-15, "!$$R"
#Goto *9

*9


;///// 交信データを生成 /////

;=== 交信周波数 ===
? nData6 "10G,10.1G,10.4G,24G,47G"
#Goto *101
#Mov $$A = "!FRMHz " ; 1.8〜5600MHz
#Goto *199
*101
#Mov $$A = "!FRHz " ; 10GHz以上
#Goto *199
*199

;=== 交信モード ===
;? nData7 "SSBXCW,CWXSSB,FMXCW,CWXFM"
? nData7 "SSBXCW"
#Goto *201
? nData7 "CWXSSB"
#Goto *202
#Mov $$B = "2x!MD " ; 通常の2wayQSO
#Goto *299
*201
#Mov $$B = "SSBxCW " ; クロスモードQSO
#Goto *299
*202
#Mov $$B = "CWxSSB " ; クロスモードQSO
#Goto *299
*299

;=== 送信レポート ===
? nData7 "FT4,FT8,JT65A,JT65B,JT65C,JT9"
#Goto *301
? nData7 "CW"
#Goto *302
? nData7 "RTTY,PSK31,PSK64,PSK128"
#Goto *303
#Mov $$C = "RS: " ; 電話(AM/SSB/FMなど)
#Mov $$D = "!HR"
#Goto *399
*301
#Mov $$C = "S/N: " ; デシベルレポートを送受するデジタルモード
#Mov $$D = "!HRdB"
#Goto *399
*302
#Mov $$C = "RST: " ; 電信(CW)
#Mov $$D = "!HR"
#Goto *399
*303
#Mov $$C = "RSQ: " ; RTTY/PSK
; 【参考】https://www.rsq-info.net/
#Mov $$D = "!HR"
#Goto *399
*399


;///// QSOデータを印字する /////
#Mov $$U = 296 ; 最初の縦座標
#Mov $$V = 7 ; 最初の横座標

;=== 1行目・証明文 ===
;--- 陰影
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print $$V+1, $$U+1, "Confirms the following QSO with "
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print -1000, $$U, "!cp "
;--- 本体
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 1
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print $$V, $$U, "Confirms the following QSO with "
#FontName = "HAM ゴシック"
#FontSize = 16
#FontStyle = 1
#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
#Print -1000, $$U-2, "!cp "

;=== 2行目・日時 ===
;--- 陰影
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print $$V+21,$$U+21, "Date/Time: "
? UTC!
#Print -1000,$$U+21, "!DY-!DM-!DD !TH:!TMJST"
? UTC
#Print -1000,$$U+21, "!DY-!DM-!DD !TH:!TMUTC"
;--- 本体
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print $$V+20,$$U+20, "Date/Time: "
#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
? UTC!
#Print -1000,$$U+20, "!DY-!DM-!DD !TH:!TMJST"
? UTC
#Print -1000,$$U+20, "!DY-!DM-!DD !TH:!TMUTC"

;=== 3行目・周波数など ===
;--- 陰影
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print $$V+21,$$U+41, "Frequency: "
#Print -1000,$$U+41, "!$$A"
#Print -1000,$$U+41, "Mode: "
#Print -1000,$$U+41, "!$$B"
#Print -1000,$$U+41, "!$$C"
#Print -1000,$$U+41, "!$$D"
;--- 本体
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print $$V+20,$$U+40, "Frequency: "
#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
#Print -1000,$$U+40, "!$$A"
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print -1000,$$U+40, "Mode: "
#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
#Print -1000,$$U+40, "!$$B"
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print -1000,$$U+40, "!$$C"
#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
#Print -1000,$$U+40, "!$$D"

;=== 4行目・備考 ===
;--- 陰影
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 1
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print $$V+21,$$U+61, "Remarks: "

; ↓↓↓ 「? Freq 17」を使わないのは、ARISSやNO-44などのAPRSデジピータによる通信を想定しているため
? RmStr "via" ; $Aで「via」と記述した場合(衛星通信・レピータを介した通信)
#Goto *901
#Print -1000,$$U+61, "!R2$B" ; (1)Remarksへコンテスト名を記述
#Goto *949
*901
? RmStr "QSOパーティ" ; $Bで「QSOパーティ」と記述した場合
#Goto *911
? RmStr "Yuri" ; $Bで「Yuri」と記述した場合
#Goto *911
#Print -1000,$$U+61, "!R2$A" ; (2)Remarksへ衛星名・レピータのコールサインを記述
#Goto *949
*911
#Print -1000,$$U+61, "!R2$A, !R2$B" ; (3)Remarksへ衛星名とコンテスト名の両方を記述
#Goto *949
*949

;--- 本体
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print $$V+20,$$U+60, "Remarks: "

#FontColor = 0xb0f2f2 ; 女郎花
; ↓↓↓ 「? Freq 17」を使わないのは、ARISSやNO-44などのAPRSデジピータによる通信を想定しているため
? RmStr "via" ; $Aで「via」と記述した場合(衛星通信・レピータを介した通信)
#Goto *951
#Print -1000,$$U+60, "!R2$B" ; (1)Remarksへコンテスト名を記述
#Goto *999
*951
? RmStr "QSOパーティ" ; $Bで「QSOパーティ」と記述した場合
#Goto *961
? RmStr "Yuri" ; $Bで「Yuri」と記述した場合
#Goto *961
#Print -1000,$$U+60, "!R2$A" ; (2)Remarksへ衛星名・レピータのコールサインを記述
#Goto *999
*961
#Print -1000,$$U+60, "!R2$A, !R2$B" ; (3)Remarksへ衛星名とコンテスト名の両方を記述
#Goto *999
*999

;=== 5行目・謝辞 ===
;--- 陰影
#FontName = "IPAゴシック"
#FontSize = 14
#FontStyle = 3
#FontColor = 0x000000 ; 黒
#Print $$V+1,$$U+85, "TNX QSO es CU AGN, 73's! ― No Paper QSL is necessary ―"
;--- 本体
#FontColor = 0xe6f4f8 ; 象牙色
#Print $$V,$$U+84, "TNX QSO es CU AGN, 73's! ― No Paper QSL is necessary ―"

;end of file
JK2XXK_210203_2102_435-145_CW_7L1ETP.jpg JK2XXK_201023_2046_144_SSB_JA6SZV.jpg
posted by きこり@JH最大の難所 at 14:54 | 岐阜 ☁ | Comment(0) | ラジヲよもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]